rythmique

リトミックってなあに

リトミックの原点 エミール・ジャック・ダルクローズ
 リトミックはスイスの音楽家/教育家であるダルクローズが児童心理学・大脳生理学の観点から確立した教育指導法。本来リトミックとは「音楽を基盤とするものではあるが、単に音楽学習の準備であるにとどまらず、むしろそれ以上に一般教養の一体系である(ダルクローズ)」。すなわち音楽は手段であり、真の目的は総合的な人間教育にあるというわけです。これが世界の幼児教育者たちの賛同を得、現在に至っております。


日本のリトミック
 日本に初めてリトミックが上陸したのは、明治から大正にかけての時代でした。その後、日本人で初めてダルクローズリトミックのライセンスを取得した板野平先生が国立音楽大学でリトミックを専門的に教える科を設立しました。
 「リトミック指導によって幼児に精神力、集中力、心身の相互作用、反応力、反射性、積極性、直観力、記憶力を高めつつ、リトミック指導が他の5領域(@健康 A人間関係 B環境 C言語 D表現)に密接に関連づけられていくような保育全体の展開を持つべきである。人間育成の教育、すなわち人間教育をめざしているのがリトミック教育である。」
 これは板野先生のリトミックに対する思想です。この考えをゆるぎない基礎とし、ダルクローズの理念を引き継ぎながら日本によりマッチしたリトミック指導を実践しているのが「リトミック研究センター こどものためのリトミック」です。

参考文献:リトミック研究センター 教室案内パンフレット
    『リトミックってなあに』岩崎光弘著 ドレミ楽譜出版社


で、結局なに?
 こどもはたくさんの能力の種を持って生まれてきました。ご家族で愛情という水をたっぷり注いで、少しずつその種から芽を出そうとしています。
 そこにリトミックという無添加栄養剤を加えるとどうでしょう?無理な詰め込みやお受験のためのものは一切ございません。あくまでこどもの能力の種が自然に芽を出すお手伝いをする。そして、土の中でその芽を支える根っこを強く育てる
 これこそがリトミックなのです。


リトミックの効果は?

リトミックとは能力の種を育てるための栄養剤。
それでは、実際どのような種が育つのでしょうか。


音楽的効果
リズム感の芽
 人はリズムの中で生きています。もともとリトミックはダルクローズがリズム感のない学生を見て「なんだ、彼も普通に歩けているじゃないか。」と気づき、リトミックを考案したと言われています。そう、歩くときは誰もがリズミカルに足を交互に出しているのです。
  音楽はもちろん、運動するにも作業するにもリズム感は大切です。リズム感が育つことは、その他の能力をも高めることに繋がります。
  こどものためのリトミックでは、言葉の広がりを獲得し、それを数やリズムに置き換えてリズム感の育成を行います。
音感の種
 「絶対音感」という言葉がよく聴かれます。「リトミックで絶対音感が身に付きますか?」
  答えは…YES、NOどちらでもありません。なぜなら、絶対音感をつけるということを目的としていませんから。
  「絶対音感」とは聴こえてくる音に「ド・レ・ミ…」のラベルをつけること。世の中の音全てが「ド・レ・ミ」で聴こえてくるのです。作曲や編曲をしたり、将来音楽のプロとして活動するならば、あると便利なものではあります。もちろん、そのような人でも絶対音感をもっていない人もいます。
  こどものためのリトミックでは音楽を聞き取り、表現して身体全体で感じ取ることを目標としています。その結果、絶対音感が付く子もいますが、それを目的とはしていないので付かない子もいます。しかし、絶対音感があるかどうかよりも、音のもつ感情を聞き取ったり表現したりすることのほうが大切であると考えております。


人間教育としての効果
 人格を形成する3要素は心(マインド)、力(能力)、性(パーソナリティ)。これらはお互いに補い合い成長していくもので、どれを欠いてもいけません。また、どれかを特別に伸ばすのも無理があります。例えば競争心ばかりで煽ると攻撃的な人に、記憶力ばかりだと頭でっかちな人になるかもしれませんし、感受性、創造力に至ってはそれのみを取り上げて伸ばせるものでもないでしょう。あくまでも大切なのはバランスなのですね。
 リトミックは人間にとって最も自然な表現である音楽を手段として、幼児に優しく深く働きかけます。まず、その結果は音楽能力の飛躍的向上という形となって表れますが、リトミック本来の目標は豊かで可能性にあふれる人格形成。大切な幼児期の数年間をじっくりと見守ってあげて欲しいと思います。

(リトミック研究センター 教室案内パンフレットより)


ベビーリトミック

 リトミックは本来、ある程度歩いたり走ったりできるようになってから行うものです。しかし、それ以前にも音楽を通して伸ばすことができる能力もあるのではないだろうか?と考え、「ベビーリトミックコース」を開設しております。
 歩いたり、走ったりする前の段階でも目や耳、皮膚感覚などの成長はこの時期著しいものです。一般的に言う「リトミック」とは少々違うものかもしれませんが、こどもの能力の種を、芽を、根を伸ばす方法の一つとして、乳児期からの「ベビーリトミック」も効果的なものです。
 また、昨今の日本では核家族化や近所付き合いの希薄化も進み、一人孤独に子育てをしている方が増えているように思います。(私も数年前はその一人でした…。)教室をお母さん同士のコミュニケーションの場として、情報交換の場としてご活用いただけたら、子をもつ母としてうれしく思います。「お母さんの元気はこどもの元気!」ですからね!

さくらんぼ♪りとみっく
参加者募集中

日時:ブログに掲載しています
場所:大曽根教室
参加費:おひとりさま1000円
 (初めて参加の方は500円)
お申込みはこちらから

リトミック、プレリトミックコース
無料体験レッスン受付中

その他のコースの体験レッスンも
随時受付中!

その他のお問い合わせはこちら